GitHub Pagesのカスタムドメイン設定でハマったこととその解決法

約一年前、GitHub Pagesが公式にHTTPS対応を行ったことを受けて、今更ではありますがこのブログをHTTPS対応しようと思い、久しぶりにGitHub Pagesの設定画面を開きました。するといくつかのエラーと出くわしたので、その内容と対応したことを紹介します。

DNSの設定が古い

まず設定画面の下の方にスクロールすると、下記のような、DNSの設定が古いから更新してねというような内容が表示されていました。

GitHub Pages Error Screenshot

ということでこちらの設定はDNSの設定(筆者が利用しているのはムームードメイン)を変更し最新のものに置き換えることで対応。

ちなみに、自身のGithub Pagesの最新の有効なIP アドレスを確認する方法には以下などがあります。(2つ目に関しても、詳細はトラブルシューティングガイドのページに記載されているのでそちらを確認するのが良さそうです。)

有効なIPアドレスは、下記の行の下あたりに記載されています。

If you configured A records through your DNS provider, your A records must point your custom domain to the following IP addresses

HTTPSが有効にならない

IPアドレスの設定を正しくしたところで、HTTPS対応するチェックボックスが活性化したので、チェックボックスを入れてウェブサイトを確認します。

Check Enforce HTTPS Screenshot

ここですぐに確認すると、ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID というエラーがでてウェブサイトが正しく表示できませんでした。SSL証明書の更新やGitHub Pages側の裏側の更新処理に少し時間がかかることが理由のようです。

五分ほど待ってサイド更新したところ、次は正しくウェブサイトが更新されました。GitHub PagesやDNSの設定の更新には、多少時間がかかるようです。最長で1日ほど時間がかかる可能性もあると想定をしておきましょう。

設定ページに再度移動したところ、正しくHTTPSのカスタムドメインが設定されていることが確認できました。

Custom Domain With HTTPS Successfully Configured

まとめ

自分が初めてGitHub Pagesを利用した頃よりも、GitHub Pagesはより使いやすく、便利になっている印象です。設定周りでつまずいても、いろいろな方が知見をブログやQiitaなどで共有しているので、ぜひ諦めずに原因を調査して正しく設定できるところまで試してみてください。